タイトル

ホームへ

サークル概要


基本理念


私たち日本大学理工学部鉄道研究会(通称:NR)は鉄道及び各種交通関係趣味者の学科を越えた交流や学部、

大学の垣根を越えた交流の支援を目的として昭和43年(1968年)に設立された日本大学理工学部公認のサークルです。

活動内容


定例会(月1回程度開催) ミニ鉄道(5インチゲージ)の製作・出展 プラレールイベント出展 桜理祭(文化祭) など

※1年間の流れは入会希望の方向けページをご覧ください。

活動場所


船橋校舎サークル棟 E-8 (定例会・説明会は通常教室)
 駿河台校舎   C304-L(定例会は船橋校舎で開催)

会長・副会長紹介

タイトル
NRでは、ミニ鉄道やNゲージ等の鉄道模型の出展、長期休暇中の合宿、週末の日帰り旅行などの活動を行っております。

参加は自由で、都合の良いイベントのみの参加で大丈夫です!

NRは常時新入会員を募集しております。

鉄道知識が全くない方でも大歓迎です!

鉄道に今日のある方の入会を会員一同心よりお待ちしております。
会長 山崎颯太  交通システム工学科 2年

タイトル
私たちは30年以上の歴史を持つ、伝統と文化の継承によって成り立つ組織です。

ミニ鉄道出展ではお子様からお年寄りまで多くの方にお楽しみいただき、

活動を通して輸送サービスの大切さや人を楽しませる力を実感することができます。

その組織の一員として安全安心な輸送サービス提供は勿論のこと、

さらなる楽しさの発見を行えればなと思っております。

副会長 羽鳥俊太郎  交通システム工学科 2年

タイトル
本組織は鉄道を愛する方が多く所属しており、日々活動を行なっています。

特に私たちは、月に一回のペースである出展(イベント)に参加させていただいています。

そこではミニ列車を走らせ、子供たちを喜ばせたりするようなボランティア活動をしており、

鉄道を通じて地域貢献をさせていただいています。

これからも鉄道を通じ人々が喜ばれるよう活動をしていきます。

副会長 桐生智哉  交通システム工学科 2年

組織図


タイトル



会章


タイトル